本文へ移動

メンタルネットとよかわは

心に悩みを抱える方の
社会参加のお手伝いをします
当法人は年代、性別を問わず心の病にかかり、生活していく中で障がいを抱えることになった人たちを支援するネットワークをつくることを目的にしています。
各事務所では同じ悩みを持つ仲間と交流し、レクリエーションなどを通して心身の健康を取り戻し、 利用者それぞれが思い描く社会参加・復帰を応援します。

秋です。元気に・・・

9月は残暑厳しく、次々台風もやって来て落ち着かない日々でしたが、10月になり、ようやく秋を感じられるようになってきました。
学校では運動会が開かれ、町内のお祭りも行われるようになってきました。
少しずつ日常が戻ってくるように感じられるのはうれしいです。
先日亡くなられたアントニオ猪木さんの言葉ではありませんが、
「元気があれば何でもできる!」
元気に秋を楽しみたいですね。


夏から秋へ

ロナと猛暑に悩まされた夏でしたが、蝉の声が虫の声に替わり、少しずつ秋が感じられるようになってきました。
今年の夏は行動制限が設けられなかったため、3年ぶりに 花火大会やお祭りが各地で開催されましたが、一方でコロナの感染者数は高止まりの状況が続いています。法人では感染が拡がらないよう、スポーツや行事を取りやめたりして細心の注意を払っていますが、秋になり少しでもスポーツが楽しめるようになるといいなと思います。


酷暑の夏

猛暑とコロナと

連日35度前後の猛暑が続いています。
ただでさえ暑くて辟易しているところにコロナも過去最高の感染者を記録・・・
外ではマスクを外すようにと言われてもなかなかマスクは外せません。
マスクの中も汗だくで熱中症も心配です。

暦の上ではもうすぐ立秋ですが、夏はまだまだ盛りのようです。
今年の夏は昨年に比べれば、様々なお祭りやイベントが催されているようです。
愚痴や不平を言っても酷暑は変わりません
コロナの感染と熱中症には十分気をつけながら、少しでも夏の楽しみを見つけられればと思います。




あっという間の梅雨明け

暑い!

梅雨に入ったと思ったら、あっという間に梅雨明け。
連日35度以上の猛烈な暑さが続いています。
コロナもまた少しずつ増えているようで、暑さの中でもなかなかマスクも外せません。
急な猛暑で暑さに慣れる準備のできていない体には堪えます。
「自分は大丈夫!」と過信せず、十分な水分補給と休養で熱中症には細心の注意を払いましょう。

少しずつ日常が戻ってきた?

梅雨入り前

 5月末には早くも真夏日もありましたが、6月に入りこのところは爽やかな天候が続いています。
コロナも収束にはまだほど遠いとは思われますが、少しずつ減少していて様々な催しやお祭りが開催されるようになって、少しずつ日常が戻りつつあるのを感じます。
法人の各事業所でも、食事に出かけたりのレクリエーションも始まったり卓球教室も再開したりしています。
梅雨入りも間近と思われますが、これからの暑い季節熱中症対策もしながら、上手にマスクとも付き合っていきたいですね。

爽やかな季節

ゴールデンウィークが始まりました。
3年ぶりのコロンによる行動制限のない大型連休ということで
各地が行楽客や家族連れで賑わっているようです。
これまで遠出や離れた家族、友人に会うことを自粛していた人たちが、「やっと気兼ねなく動ける」と、この日を待ちわびていたのだと思います。
ようやく少しずつ日常が戻ってきたという感じはしますが、コロナの感染再拡大の心配がなくなったわけではありません。
感染予防のための基本的な対策は忘れないで、爽やかな季節を楽しめればと思います。




新たな年度の始まりです

豊川の桜の名所の一つである桜トンネルの桜が満開になりました。
昨年は照明もなく寂しい夜桜見物でしたが、今年は灯りが燈り、露店も出ていて、大分華やかになりました。
雨が降ったり、風が強く吹いたりすると、花が散ってしまうのではないかと、心配になりますが、もうしばらくは花見が楽しめそうです。
何やかやと慌ただしい日々を過ごしている間に新年度が始まってしまいましたが、新しい1年はコロナに煩わされることなく、利用者さんと一緒に充実した日々を送れることを願います。

春はそこまで

今年の冬は特に寒い日が多かったような気がし、各地の大雪のニュースを見聞きすることも度々ありましたが、三寒四温、少しずつ春の気配が感じられるようになってきました。
しかし、3月6日までの予定だった蔓延防止等重点措置が延長されそうで、気持ちは晴れません。
当法人では、大方の利用者さん、職員が3回目のワクチン接種を済ませましたが、スポーツやレクリエーション
などは中止のままで、会議もオンラインで行っている状況です。一体いつになったらスポーツやレクを楽しめるようになるのでしょうか?
今年は、お花見ができるといいなあと思いますが・・・

まだまだ心配

 2月4日は立春、暦の上では春。冬季オリンピックも始まります。しかし、風の冷たさだけではなく、コロナの感染者がどんどん増えている状況の中ではなかなか春を感じることができません。いつになったら感染拡大が収まるのか不安です。
 当法人も例外ではなく、感染者が出て事業所を2日休まなければならない状況にもなりましたが、幸い今のところそれ以上の広がりはなく落ち着いています。しかし、誰がいつどこで感染してもおかしくない状況であることは確か。これまで以上に感染予防に万全を期し、慎重に行動したいと思います。

 
開けましておめでとうございます。
昨年は、当法人に対してご理解・ご支援をいただきありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。

昨年はコロナ禍により十分な活動ができず
利用者さんたちの活気も何となく減退していたように思います。
ようやくコロナが落ち着きを見せ
少しずつ活動が再開できるようになったところに
オミクロン株という新たな変異株が現れ
不安を感じずにはいられません。
何とか感染の拡大を食い止め
みんなが直接会って活動ができるような
明るい年になるよう願わずにはいられません。

あと一か月

今年も残り一か月となりました。
コロナ禍で色々と制約の多かったこの1年。
ようやく感染状況が落ち着き、メンタルネットの各事業所や
法人全体でもレクリェーションやスポーツがやれるようになり
利用者さんにも活気が出てきたところです。
しかし、オミクロンというコロナの新たな変異株への感染が
国内でも確認されるなど、これから寒くなることもあって
不安は尽きません。
せっかく戻りつつある日常がまたなくなってしまわないように
一人ひとりがしっかり予防をし、晴れやかな新年を迎えたいと思います。

秋から冬へ

11月です。
最近は春と秋が短くて
あっという間に
冬が来てしまう気がします。
エアコンも冷房から一気に暖房に変わるような・・・
日本の美しい四季を楽しむことが少なくなったように思います。

衆議院選挙も終わって
今年もあと2か月。
コロナも少し落ち着いているようですし、
今やるべきこと、やりたいことを頑張ってやりたいです。

お知らせ

コロナ感染者情報です

ジョブハウスむつみ

事業所一覧
就労継続支援B型事業所
ジョブハウスむつみ
当施設では、作業を通じた生産活動の場(内職作業)や、日中活動の場(レクリエーション)の提供を行っています。
また、悩み相談や就労に向けての相談や援助を行っています。
就労継続支援B型事業所
レインボーホーム
社会復帰の中でも働くことを目的とし、車の部品組み立てや割り箸の袋詰め等の軽作業、駅の清掃作業、ハンドメイド品自主製品の作成を行っています。
就労継続支援B型事業所
ワークホームハピネス
自動車部品組み立て・検査、割り箸の袋詰め作業等の内職作業など、より就労に近い作業としてジェラート製造・販売作業を行っています。
ワークホームハピネス内 センドハピネス
就労支援の一環としてジェラート&スウィーツ店「SendHappiness」をオープンしています。地元の食材を使いお店で手作りしたジェラートとプリンを販売しています。
地域活動支援センター 
ステップ・1
精神に障がいをお持ちの方を対象に、住み慣れた地域で、その人らしい自立した生活ができるような各種プログラムを提案・支援しています。
共同生活援助事業所 
グループホームSUWA
障がいのある人が地域で生活していくための場を提供するとともに、生活の技術を身につけるお手伝いをするための、各種支援・援助をしています。
相談支援事業所 
相談支援センター メンタルネットとよかわ
障がいのある方への総合的な相談支援・福祉サービスの利用援助、各種制度を利用するための支援など、皆さまがより良く生活できるために、様々なお手伝いをしています。
一緒にはたらく
仲間を待っています
当法人では、様々なサービスを提供し、様々な悩みを持つ方のサポートをしています。
スタッフに元気に笑顔で働いてほしいので、仕事もプライベートも充実できる福利厚生を準備しています。
TOPへ戻る